【 ネット収入支援 】


アクセスアップをするためにインターネット検索をされることについて説明しています!

ネット収入支援
トップページへ
「相互リンクサイトを増やす」へ
「インターネット検索をされることについて」へ
「Googleへホームページを登録する」へ
「Yahooへホームページを登録する」へ
「検索エンジン登録代行サービス」へ
「検索エンジン登録代行サービス様への依頼結果」へ
「検索エンジン登録代行サービス様への依頼結果No.2」へ
「トラフィックエクスチェンジを活用しアクセスアップ」へ






No.2「インターネット検索をされること」


アクセスアップにおいてもうひとつ重要なのはインターネット検索をされることです。

インターネットで検索されないホームページは存在していないことと同じです。

どんなに有益な情報を掲載してても誰もこないホームページは存在しないのと同じなのです。

訪問者はどこから検索してくるのか?ということが気になるかもしれませんが、

検索エンジンと呼ばれるものから訪れます。

検索エンジン名をあげると「Yahoo」や「Google」や「Bing」などから訪れます。

ユーザーは検索エンジンから「キーワード」を入力して出てきた検索結果から気に入ったサイトを訪れます。

これが「検索にかかる」という状態です。

この「検索にかかる」状態でなければ基本的にはほぼ誰もこないと考えていいです。

例外として相互リンク先などからのアクセスもありますが人気サイトのリンクでなければ数字は見込めません。

では「検索にかかる」状態にするにはどのようにすればいいのか?

答えは「検索エンジンに認識される必要がある」ということです。

検索エンジンに認識される方法は検索エンジンに登録申請を出すことから始まります。

次のページからは検索エンジンの登録申請方法について明記していきます。(^^)

「Googleへホームページを登録する」へ






inserted by FC2 system